医師ならではの技術

モニター制度は多くの美容形成外科や美容皮膚科にもある制度であり、モニターとなって特定の施術の写真撮影に応じたり、施術後の経過のヒアリングなどに応じることで、施術料金を大きく値引きしてもらえる制度です。
この制度はメディカル系エステサロンにも用意されており、医療脱毛を行う時にもモニター制度を状況によっては利用することができます。
募集時期などもあるので、必ずしもモニターになれる訳ではありませんが、募集時期にうまくモニターに応募する工夫が出来れば、施術価格の大幅割引のメリットが受けられます。
またモニターになることで、より注目されているとの意識が芽生えて、何度も通うことになる医療脱毛でも、しっかりと続けることができるというメリットもあります。

医療行為全般も扱う事ができるメディカル系エステサロンは、現在の取り組みとしてレーザー脱毛の普及に取り組んでいます。
医療脱毛はかつてはニードル脱毛と呼ばれる手段を用いていました。
ニードル脱毛な微細な針を毛穴に通して、微弱な電流を流すことで、毛母細胞ごと発毛組織を破壊して脱毛を促していました。
しかしニードル脱毛は時間が掛かる上に、患者の痛みも強いとされ、今では余り用いられなくなっています。
そこで現在の美容皮膚科やメディカル系エステサロンでは、レーザー脱毛を医療脱毛として用いるようになっています。
この施術ならば、痛みもニードル脱毛よりも小さく、レーザーの照射範囲が広いため、施術が早いとして画期的な医療脱毛として、多くの医療機関がレーザー脱毛の普及に取り組んでいます。